ファッション専門学校で学ぶということ

ファッション専門学校に通うということについて書いています。

現在ではファッションは多様化し、また色々なシーンにおいてその服の機能性と共にファッション性というものは求められています。
毎年のように流行というものがあり、新しいファッションスタイルが生み出されてきましたが、近年ではロリータファッションやナチュラル系、また昔流行したファッションで着飾るなど、人それぞれで趣味・趣向が異なり、ファッション業界で働く者としては多様なデザイン性やセンスが求められています。

服飾系の仕事というものはお店での販売員から服をデザインするデザイナー、そして型を作るパタンナーなど様々な仕事があります。
販売員といっても、お店で接客をする店員のメインはアルバイトになります。正社員で販売員をする人のほとんどはお店の運営も兼ねており、バイヤー業務や経理など、様々な業務を兼ねて働いています。
もし有名ブランドの販売として働くことになったら、その販売はブランドの顔となり、またその人自身も商品となるのです。ゆえにそのブランドへの理解が深いことはもちろん、そのブランド性に合った佇まいに接客・サービスができなくてはなりません。

どのファッションブランドであっても、社員は必ず現場を経験します。現場で働くということは、そのブランドが人に買われていくというブランドの出口を見ることになります。つまり、世の中にそのブランドがどのような印象を与え、お客さんがどんな反応をするかを間近で経験することになるのです。そして客層を知ることができたり(店舗ごとにも客層は若干違うことでしょう)、お客さんがどのようなものを求めているか、ブランドの上層部に行けば段々と見えづらくなってくるものなので、若い時代に現場を経験することは非常に重要な経験になります。

アルバイトから入った人が実績を重ね、信頼を得ることによって正社員化し、ステップアップしていくこともよくあります。無印やユニクロといった大手はキャリアアッププランがマニュアル化されており、しっかりと出世していく入り口を設けています。
正直、アルバイトと正社員は会社から負う責任が異なるだけで、能力の差というものはほとんどないものです。結局自分が頑張るかどうかなので、知識や経験やノウハウといったものに「私はアルバイトだから」「自分は正社員だから」といった違いはないのです。

ファッション専門学校では服が完成するまでの一連の流れを体験したり、ファッション業界の仕組みや経営術など、世に出て必要な技術・ノウハウを数年で一挙に取得することになります。
ファッション学科のある大学と大きく違うのは、専門学校は職業予備校に近いということです。大学はあくまで学業であり、仕事のための学習といったニュアンスとは違います。

あなたはどちらが合っているか、自分の方向性に重ね合わせて学校を選んでみてください。

dd2b2271884efd8e44c9e92126e64107_s

ファッション専門学校に通う